• ホーム
  • 大胸筋を鍛えることでバストアップが望める

大胸筋を鍛えることでバストアップが望める

女性の方にとってバストは理想のスタイルになる上でも重要なパーツであり、誰でも一度はふんわりとちょうど良い大きさの美バストに憧れを持ったかもしれません。
自分のバストに悩みがあるけど、どう頑張ってもバストアップが出来ないと諦めてしまう方もいますが、トレーニングや食事などを変えるだけでも効果が期待出来ます。

そもそも勘違いしている方も多く、バストというのは9割の脂肪で出来ていますが脂肪の奥には筋肉があり、その奥にある大胸筋などを鍛える事で土台がしっかりと支えられ持ち上げてくれるため、ハリの良いバストを目指せます。
トレーニングと聞くと、激しい運動で辛そうなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、手のひらを合わせて合掌のポーズなど簡単な事でもバストをアップ効果に繋がるのです。
そこで、バストアップ効果がある大胸筋や肩甲骨周りを鍛える方法を紹介します。

初心者でも簡単に出来る肩甲骨周りのトレーニングでは、腕回しや肩甲骨はがしなどが挙げられます。
腕回しは両手を肩に乗せ前と後ろに腕を回す方法で、血流が良くなり肩のこりが和らいだり姿勢の改善にも繋がります。
また肩甲骨はがしは大胸筋を鍛えるトレーニングと行う事で、肩甲骨の周りの筋肉をやわらかくして大胸筋を支える筋肉としての役割になります。
やり方は、仰向けに寝てお尻の下に両手を置き両腕を体の下に入れてから、肩甲骨を内側に寄せるイメージで腕の力で上半身を持ち上げ、持ち上げながらゆっくり息を吐き30秒キープさせるのを繰り返すだけです。

合掌のポーズ以外に、効率良く大胸筋を鍛える代表的なトレーニングとして腕立て伏せがあります。
本来よりバストが小さくなってしまう原因には姿勢の悪さも影響しているため、腕立てで普段使っていない筋肉を鍛える事で血流の流れが良くなったりバストを支える土台が整えられ、正しい姿勢とバストアップを効率的に作る事が出来ます。
腕立て伏せはやり方や負荷のレベルも様々あるので、自分の状態に合わせて無理のない範囲で行いましょう。

またトレーニング以外にも胸を大きくするために、女性ホルモンを整える事やバランスの良い食事を心がけましょう。
普段から女性ホルモンに効果的な納豆や豆腐などの大豆製品や、たんぱく質を含むお肉やお魚などを意識して摂取しつつ、バランスの良い食事を心がける事が大切です。
大豆は女性ホルモンに似た働きをして、乳腺の発達促進に効果があるエストロゲン同様の構造をしており、バストアップにも繋がるので積極的に摂取したい食品です。
その他にもキャベツや海藻類に含まれているミネラルのボロンやビタミンc、ビタミンB群なども胸にハリを与えてくれます。

ハリのある理想の美バストを作るために、規則正しい生活を過ごして健康を維持する事が大切になってきます。
胸の奥にある大胸筋を鍛えたり血流を良くしてバストの土台をしっかり支え、質の良い食生活を心がける事でバストアップだけでなく美しいスタイルを目指せるでしょう。