• ホーム
  • 肝斑やシミができたらトレチノインとハイドロキノンで改善

肝斑やシミができたらトレチノインとハイドロキノンで改善

マスクシートを使用している女性

いつまでも若々しい肌をキープしていたいと感じる方が多くいますが、年齢を重ねるごとに肌のトラブルが起きやすいです。
特にシミは年齢や生活習慣などがきっかけで気付いたら肌にあらわれており、一度出来てしまうと改善するのに時間がかかるため、なるべく普段から予防しておきたいものです。

シミが出来る原因はいくつかありますが、紫外線や不規則な生活習慣、加齢などが挙げられます。
主に、紫外線を浴び続けることでできる老人性色素斑が一般的ですが、紫外線以外にも日々の生活習慣やホルモンバランスなどによってメラニンが過剰に作られやすくなります。
そのまま放置してしまうと、ターンオーバーが乱れて体内で基礎代謝の低下などが起こり、本来はがれ落ちるはずのメラニンもそのまま肌に滞って、シミとなってしまうのです。

シミには様々な原因によりいくつかの種類がありますが、中でも肝斑はホルモンバランスが乱れると引き起こす可能性が高く、一度出来てしまうと中々治りにくいのも特徴的です。
肝斑とは女性ホルモンの乱れやストレスなどが原因で、妊娠をした際にも起こりやすいと言われています。
30代の女性に多く、ほほ骨や周辺の左右対称にほぼ同じ形、大きさであらわれやすいですが、シミの種類が肝斑だと気付かない方も多くいます。

シミや肝斑が肌にあらわれてしまった場合、すぐに改善するのは難しいかもしれませんが、早めの対処法を行う事でターンオーバーは正常に働かせ改善にも繋がります。
シミの改善方法には紫外線予防や日々の生活習慣を見直す以外に、ケミカルピーリングやトレチノインやハイドロキノンなどの美白剤を使用するのもおすすめです。
ケミカルピーリングは皮膚の表面に薬を塗ることで、毛穴に詰まった汚れや古い角質や角栓を溶かし、肌の皮膚再生を促す方法の事を指しています。
ニキビ跡やたるみ治療にも使われており、美白剤と併用する事でより効果が期待されています。
また、美白剤のトレチノインとはビタミンA誘導体の一種で、メラニンをはがし皮膚の深いところから浅いところに排出させてシミを改善しやすくします。
ハイドロキノンはメラニンを生成させる酵素チロシナーゼの働きを強力に抑えて、メラニンの分解も促進させる効果がある美白剤です。
比較的安全性は高いですが、副作用としてかゆみや赤みなどが出る事があり、使いすぎると刺激性皮膚炎を生じやすくなります。
副作用が出た場合には肌のトラブルを悪化させてしまうかもしれないので、無理をせずに使用するのを中止して、医師に相談して下さい。

その他にもシミや肝斑の改善には、美白剤やスキンケアだけでなく日々の生活習慣を見直す必要があります。
普段から紫外線をきちんと予防したり規則正しい生活を過ごすなど、常に肌のターンオーバーを正常に働かせる事で予防や改善に繋がります。
いつまでもトラブルのない綺麗な肌を保つためにも、出来るところから正しいケアを行ってみてはいかがでしょうか。